アニメ感想:2013年春アニメ

 アニメのシーズン移行に合わせた統括的雑感群。
 基本的な記述対象は、私自身が今期の放送分に本日時点まで付き合ったアニメ。前期からの続き物や、本日時点で最終話を迎えていない作品も対象に含む。ただ再放送系は基本的に除外。
 端的に記述しているため刺々しい内容に見えるだろうが、あまり重く受け止めないでほしい。それと記事自体は半クール目あたりから作り始めてるんで、たまにミスでフライング投稿したり、最終的な展開と咬み合わない感想が紛れている可能性がある(一応推敲は随時している)。そういう事があったら益々ごめんなさい。


DEVIL SURVIVOR2 the ANIMATION
 原作と違って人間が殆ど攻撃しなかったり、主人公のキャラ付けがなんか想像と違っていたのが走り出し的にはネックだったと思う。結末はまあ死屍累々っぷりを考えたら妥当な収め方。

DD北斗の拳
 北斗のリソース使ってギャグって着想は悪く無いと思う。ただ肝心のギャグの程度が低い。もっと突き詰めてフザければだいぶ面白くなってただろうから勿体なく感じる。あとこれはどうでもいいけど、言う程平和な感じは無かった。ラストの変な歌謡曲は好き。
 しかし結局DDってどういう意味合いが込められていたのだろう。DisDystopia?DameDame?北斗カートDoubleDash?なんだっていいけど。

RDG レッドデータガール
 大筋は薄ぼんやりと見えてるんだが、最後まで世界観に理解が付いて行かなかった。

あいうら
 なんかのページのスペース埋めに駆り出されてそうな作品。カニと弟いびりだけ印象に残っている。

悪の華
 画風で賛否が分かれたが、良し悪しはともかく画風にばかり話題が行ってしまったのがよくなかった気がする。
 シナリオの走りだしである脅し脅されの関係も今じゃそんなに珍しくないしね。絵だけじゃなくて掴み方ももっと奇抜に変えたら好転の目もあったかも。

アラタカンガタリ ~革神語~
 日ノ原ァばかり印象に残るものの、安定して見れたアニメ。というか内容自体は深夜じゃなくてもいいよねこれ。

宇宙戦艦ヤマト2199
 劇場版をTV仕様にしての再放送というスタンスらしい。ヤマトはずっと見たかったアニメだから、こうやって見る機会をくれたのは大変嬉しい。意外とドンパチは少ない。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。
 1期と比べると随分騒がれなくなった印象。前期のヒットはインパクト受けだったってことだろうか。ハーレムじみてる回は好き。

革命機ヴァルヴレイヴ
 学生のハイテンションにやや付いていけないが、大筋は良い感じになってきている。2クール目に期待。

銀河機攻隊マジェスティックプリンス
 キャラデザはガンダムがなんかこじらせちゃったような感じだったが、内容は今期のロボ系だとかなり安定していた。

デート・ア・ライブ
 シリアス多めだったら確実に寒かった内容だが、その辺を弁えてバカ重視に徹してくれたので、結構面白かった。二期を楽しみに待っている。

とある科学の超電磁砲S
 シスターズ編って、その気になれば1期に詰められそうだったんだよな。今となっては今更感も強いエピソードだし、冗長感が拭えない。2クール目に巻き返しはあるだろうか。

波打際のむろみさん
 15分アニメにした判断はかなり評価できる。ギャグとしては中の下くらい。設定が寒かったのが痛いな。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
 現実のエグさで話を作ろうという意欲的な作品。こういう話って相当特殊な性格か気力がないと考えられないと思う。

面白かったアニメ
 宇宙戦艦ヤマト2199 デート・ア・ライブ 銀河機攻隊マジェスティックプリンス アラタカンガタリ ~革神語~ やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 革命機ヴァルヴレイヴ DEVIL SURVIVOR2 the ANIMATION

OPが良かったアニメ
 アラタカンガタリ ~革神語~

スポンサーリンク

ブログをフォロー