漫画感想:裏サンデー 第1回投稿トーナメント 決勝戦

裏サンデー | 第1回投稿トーナメント決勝戦スタート!!:ページ消失
 ついに最終選考。1位の作品と、特別編集部が気に留めた作品が連載確定となるそうだ。正直裏サン自体の存続が心配になってきてるんだけど、それは置いとこう。
 以下各作品に一言だけ。

風紀的恋愛の終焉
 最後に波の兆しが見えたが全体はほぼ平常運行。面白いし続きが見られるなら嬉しい内容なんだけど、優先度高とは行かない感じ。

勝込学園
 前までは結構キリが良い引きにしていた気がするので、ここで勝ち前提の構成で来たのは意外だった。ルール上当たり前だろと言ったらそれまでだが、実際問題捨ててる作品も多かったからな。結構本気だったわけか。

多数欠
 死んだのがチャラになった理屈がいまいち理解しきれなかった。欠と死が別物っぽいとは分かったが。

デスク勇者
 ようやく勇者の具体的な戦闘方式が分かり、ちゃんと加速が始まっている。思い入れを抱くには少々遅かったけども。

辺獄コイン
 世界観のインパクトは収まったけど、キャラの造りで勝負できるならこの先もいけるかも。コイン無しで虐殺してる2人の狂気っぷりは面白そうだった。

4コマーズ
 相変わらずちょくちょく独特のキレがある。優勝とは別の形で継続して欲しいところ。

ラスボス刑事 旅情編
 謎が最高潮に。当たり障りがある言い方に変えると、いよいよ意味がわからない。

無言∞回路
 前回の進行ペースでまさかとは思ったが、今回で完結してしまった。決勝にしてトーナメントの意向から外れるのはちょっと褒められないけど、作品自体はそこそこ面白かったから評価はしたい。

マビロリウム
 2回戦時点で特に目を掛けていた上でここまできてくれたのは本作のみ。そういう色眼鏡が入っているのも多分にあるが、相変わらず興味を引く独特の世界観。脱出ゲー編をこの回で終わらせ、スケールアップに入ったテンポも良し。投票対象は最後までこれにしておく。

救済のTRICKER
 取り敢えず最終目的らしいものは見えたけど、なんかただ死にたいだけに見えて、正直普通過ぎるかなという印象。ギャグは面白いんだが。

スポンサーリンク

ブログをフォロー