漫画感想:ジョジョリオン 第4巻「レモンとみかん」

ジョジョリオン 4 (ジャンプコミックス)ジョジョリオン 4 (ジャンプコミックス)

ペイズリー・パーク
 通信先の携帯電話にアプリとして取り付くとかしてるんだと思っていたが、そうでもない上随分応用力があるな。
 携帯を利用して支援する場合は地図以外の機能も好きに使えるし、本体は直接的にナビゲート出来るようだ。

ボーン・ディス・ウェイ
 ターゲットの開閉行動で動いていたのか。これは盲点だったな。
 しかしこのトリガー形式はかなり強いな。理屈が分からなきゃひたすら扉の先から襲えるし、分かったら分かったで1人じゃかなり行動が限定されるし。触れてるタクシーのドアが開いたり、開きかけのペンがぶつかるだけでも発動するってあたりは自動型(多分)特有の雑さだが、根本的な対象が無差別じゃない以上これはひたすらメリットだ。
 あまり関係ないけど、自動ドアを誰かが開けるの待ってる様はちょっとデッドマンズQっぽかったな。

定助の正体
 単に記憶が無くなってるだけじゃないって可能性は1巻から示唆されていたから、納得の答えではあるな。あの地帯は、近い種類の生物を同じ所に埋めると混ざるって感じなのだろうか。混ざっている根拠としては眼球、舌、スタンドのみが挙げられているけど、彼のすきっ歯(上顎)も一応同じ理屈なのかもな。
 どうして2人仲良く埋まる羽目になったのかとか、もう1人の方はどういう奴だったのか(ホリーの容態を見る限り、今のところはまともな奴とは思いにくい)、世間に吉良と判断された遺体はあのまま既に死んでるってことで以降何もないのか、結局のところ謎は尽きないな。

カツアゲロード
 どことなく推理モノみたいな導入になってるけど、この定助の動きは明らかにスタンド絡んでるよなあ。一般人状態の常秀主導で仕掛けを暴くのはちょっと厳しいだろう。
 というわけでやっぱり常秀のスタンドが発現するエピソードになるんだろうか。能力はともかく、彼もまた定助と敵対する感じではなくなってきたが、意外と東方家大半とは穏便な関係に収まるのか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

フォローする