漫画感想:賭博覇王伝 零 ギャン鬼編 第8巻

賭博覇王伝 零 ギャン鬼編(8) (KCデラックス)賭博覇王伝 零 ギャン鬼編 8

 ほぼ全編謎を撒き散らす巻だった。進捗に関して言えば、ラストでようやく糸口が見え出したレベルだから残念気味。理想としてはこの巻でほぼ収束して、連続刊行企画のラストである次巻で第1部絡みの展開が来ると良かったんだが、望みにくくなってきたな。次巻予告にも諭吉編の完結を約束するような言及が無いから相当不安。
 謎については、釈迦に関する造詣なんか無いから考察しようにもほぼ詰んでいる。ただ、逆に言えば相当凝ったネタが期待できるような気もする。というかここまで引っ張った挙句更に丸々1巻使ったからにはちゃんと決めて欲しいところ。
 一応釈迦が直接絡まななそうな範囲で考えると、雑然とした本の山について、数字が入ったタイトルの多さや、妻選び本に載ってる妙な煽り文句(3歩進んで影を踏めみたいな)が気になるかな。それと、蛇の本と造り直しでくねっていった塀のエピソードはなんか関係あるかなあ?仮にあったとしたって結局何が何だかわからないんだが。

スポンサーリンク

ブログをフォロー