アニメ感想:DEVIL SURVIVOR2 the ANIMATION 第2話「2ND DAY 激動の月曜日Ⅰ」


 やっぱり人間自身は攻撃しないな。召喚装置の保有者は自力でも悪魔と戦えるって設定はほぼオミットか。別にいいかなとも思うけど、このままキャラが増えていくと没個性っぷりを感じるかも。まあこれ削っても設定解説が駆け足駆け足なのが現状だし、やっぱり難しいか。というかP4も同じ現象が起きてた気がするし、そういう方針でもあるのかも。

 それより気になるのは、主人公がふざけたことを言いそうな感じが全然しないことだな。確か2以降の脚本はボケ倒しやセクハラといったハジけた選択肢がやたら多くて、1と比較して賛否が具体的に別れる程だと聞いたんだが。実際1リメイクのOCも追加シナリオでいきなりアホみたいな選択肢が増えだしたしな。
 この辺も大人し目になっているのだろうか。それとも嵐の前の静けさなのか。性質的にサービスパートの類がこの先あるとはあまり思えないが、まだ沢山いるキャラが出揃うまでは油断ならないかもしれないな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で