漫画感想:部長に威厳はありません 第5話「恵澄に弱みはありません」

部長に威厳はありません

 今回の絵夢は「球にぶつける!」の面構えが妙に笑えた。話の流れからして極めて真面目な状況のはずなのに何故だろう。元々の人相のせいかあんまりマジ顔って感じが伝わってこないし、実際それが心配されたのか態々「本気↓」って注釈付けられちゃってるせいかな。
 それはいいとして、やはり入部の可能性が見えるキャラは部長より強そうだ。果たしてこの部は怪物の吹き溜まりになるか、結局実人数2人で部として微妙なまま延々続くのか。
 しかし「四天王」ってどういう括りなんだろう。ひょっとしたら他校生も勘定に入れたもので、結局高校に上がるまでは大して恵澄と接点がなかった可能性もありそうだが。
 少なくとも中学生らしい独特の恥ずかしさに満ち溢れている通称なのは確かだ。これをかっこいいと思った部長は流石だと思う。