アニメ感想:ビビッドレッド・オペレーション 第3話「本当の強さ」


 無理に巻き過ぎだな。日常も戦闘も突飛極まってごちゃごちゃしている。率直に表現すれば雑な回。出したばかりの一般人をその回のうちにメインキャラの世界に引き込むのは構成難易度が高いもんだと再確認した。
 だが難しいものがあるにしたって、いきなり墜落してきた人間をとりあえず敵認定して殴りかかり、その後素性が知れても防具なしで殴りあうとか、これは流石に血気盛んすぎるだろう。もうちょっと何とかならなかったのか。
 まあこの作品は女の子を全員揃えた上でやりたい事が大量にありそうだから(極論を言うと、サービスと変身とドッキングすることくらいしか考えてなさそう)、そこに早く辿り着きたいという気持ちは分からないでもない。それにそもそも制服からして正気の沙汰に収めようとする気概を全く感じないし、最早とやかく言う方が間違いなのかもしれない。ただ個人的には、そう思えない作品に行き着いてくれることを願いたいがね。仮にも一貫したシナリオを設けてるんだから。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で