漫画感想:ひまわり町サンロードガールズ 第1話「サンロード商店街の少女たち」

ひまわり町サンロードガールズ


 商売敵に挑む商店街ネタか。そういう趣向で私が最後に見た作品はパワプロクンポケット9の対スーパーだったけど、あれは結局一時的な救済にしかなってなかったな。ある目的の為に徹底して潰しにかかってきたスーパーの猛攻は退けられたけど、パワポケ14では結局自然淘汰の流れで潰れていた。野球で街興しには限界があったということだ。
 対するこっちはどうだろう。アイドルは商店街独自の価値として持続するだろうか?正直な所パッとしないまま終わるか、有名になりすぎて世間にもっと上のステージを望まれるかの両極端な結末しか無い気がする。学園ものの文化祭メイドカフェ大盛況みたいな、ベタベタに浮ついたことが起こる以外で具体的に助かるイメージが湧かない。
 まあ絶対的な生き残り方が無いからこそこんなネタがあるんだし、作品的には不自然な盛況ぶりを見せようが一時的な活気で終わろうが十分か。普通にアイドル部分に期待しよう。