アニメ感想:うーさーのその日暮らし 第1話「肉とパンダとうーさーと」


 女の子のデザインが妙にいいのでちょっと期待していたが、面白いか以前に何の話したいのか分からないやこれ。いや面白いかって訊かれたら確実に否と言うが。ストーリー性を無視したシュールコントってことでいいのだろうか。
 一方でOPEDとアイキャッチは異様に気合が入っていて面白みがあるな。曲もビジュアルも非常に良い。というかこれが尺埋めの主力だろうな。
 しかしひょっとしてキャラクターは3DCG作画か?あまりにも安定しているし、(必要な動きが少ないとはいえ)必要以上に動くし、静止したり回転しているカットからそれっぽさが。OPとかモロにそんな感じだ。かなり2Dの雰囲気に寄せられた高度な3DCGか、無駄に気合が入った癖のある作画かのどちらかだが、どちらにせよ褒められたものだと思う。つーかED見たらアニメーションスタッフに3D担当が多数だから3Dだろうな。
 本編以外はかなりいいので、後は話がなんだか分からないにしても面白くなってくれるといいんだが。今のところは作画関連の裏話とかの方が興味ある。

スポンサーリンク

ブログをフォロー