アニメ感想:この中に1人、妹がいる! 第11話「妹の罠」


 いつも思うんだけど、動画系の劇中劇って特撮(三次元)なのかアニメ(二次元)なのか中々分かんないんだよな。これ以外にもバンブーブレードとか夢喰いメリーとか。取り敢えずアクターらしきもの存在が言及されてるものは特撮だと思うが。何しろ根本の世界とキャラクターが二次元だから、三次元作品を視覚的に表現するのって単純に考えて無理だよね。なんかいい手は無いのか。
 それはどうでもいいとして、つまり柚璃奈は将吾の好きな特撮の妹分役をやってたってことか。そう言えばそのキャラを元に構成されてた例のボイスチェンジャーと声優と同じだとか聞いたなあ。でも、それが事実として、なにか進展したり覆ったりする要素があっただろうか。心当たりがない。罠なんてワードが出るくらいだから何か騙しているとは思うんだが。
 つーか動画サイト高性能すぎるだろ。巻き戻し、あるいはそれに匹敵する精細なシーク移動が出来るプレーヤーなんて中々ない気がするぞ。

 あとテレビ放映分は次で最終話だけど、13話のOVAが来年リリースされるそうだ。ここまでではあまり出番の無かった会長がメインらしい。・・・来年っていうのがかなりアレだけど、新規エピソードとなると私的には気になるなあ。

スポンサーリンク

ブログをフォロー