ゲーム感想:ルーンファクトリー4

 Newマリオ2をフルコンプしたので、同時に届いていたこっちをプレイ中。
 ・・・このシリーズもっと早く手をつけときゃよかったなあ。7月は3本もゲーム買っちゃったけど、これがぶっちぎりだ。


ゲーム性
 今更な解説だが、牧場物語にそのままファンタジー色のアクションRPG要素を足した作品。足したというが、よくあるその後2で割ったような内容ではない。完全に足されている。畑耕せるし、この作品の牧畜は仲間にしたモンスターなので種類が多いし(それでいて管理は楽)、恋愛色はいっそう強くなっているし、街の住民とほぼ例外なく一緒に冒険できるし、本家で出来たことも引っ括めて更になんでもできる。
 私の感覚としてはElonaとかなり近い趣旨になっていると思った。スキルシステムの内容とか特に。これにハマった経験のある人なら余裕で楽しいと思う。無論、コンシューマタイトルである以上変態性に関しては比較にならないので、そっちを全面的に期待されるとアレだけど。

難易度
 戦闘は意外と死ぬ。でも回復手段や戦力は簡単に充実するので、長い間詰まるようなことは無い。あと難易度も任意で変えられる。
 農作業は全面的に楽。自宅前の農地だけならすぐにその日の作業が終わるので、街やフィールドを周る時間が十分に取れる。
 初心者でもそこそこ気軽にやれると思う。

キャラ
 キャラ自体は何も不満がない。が、ピコとリンファが攻略できないのは解せない。セルザもコミック版の人間体設定ありだったら確実に解せなかったな。あと水着立ち絵はキャラ同士のデザイン被りが多めで大して気合が入っていないらしい。その辺は少しばかり残念だ。

快適性
 ダンジョン等でも農具を使う機会があるのだが、武器と農具の持ち替えがやや面倒。ぶっちゃけ農具でも結構実用的な攻撃力で戦えるんだけど、作業用故に攻撃のモーションと範囲が地味過ぎて、強敵相手だとボロが出る(逆に格下相手なら余裕だが)。
 XYは特殊アクションや魔法だけじゃなくて、すぐに切り替えたい装備とかもセット可能なら良かったかも知れない。とにかくLメニュー展開を挟むこと無く切り替える機構が欲しかった。
 ただ、アクションや収納家具の扱いなど、他の要素は相当洗練されていると思う。イメージがGBA版牧場物語で止まっていた私としては尽く衝撃的だった。 

先着購入特典
 特製ヘッドホンの実態はインナーイヤー型の巻き取り機構付きイヤホン。私はインナーイヤー型イヤホンが片方装着できないので使用感については評価不可。まあ場所取らない作りになってるのは好印象。名前通りのヘッドホンだったら正直邪魔だった。そっちなら使えるけど、おまけで付くスピーカーなんて音質知れてるし。いやそもそもこれ付けるより、世界樹シリーズやシレン5みたいにCDのケースをデジパックとかちゃんとしたものにしてやれと思ったが。
 添い寝CDは一応はドラマCDの形式なんだが、タイトル通りの内容でややアブノーマル。取りあえずは本編をある程度やって、キャラを把握してから聴いたほうがいいと思う。私には合わないのでほとんど聴いていない。
 ちなみに終わりの方にはアレンジサントラが3曲入っている。これは率直に出来がよく素晴らしい。この段階で先着特典に飛びついてよかったと思った。私的にはこっちの方にバリバリ力入れて欲しかったな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で