CD感想:キルミーのベイベー!/ふたりのきもちのほんとのひみつ 【転】盤

 宣言通り、ちゃんと買った。原作1巻と一緒に。CDについて結論を言うと、999円の価値はちゃんとある。以下感想。

キルミーのベイベー!・ふたりのきもちのほんとのひみつ
 TV版と構成が異なる。TV版は単純に1番だけ流しているわけではなく、中間を順番変えたりすっ飛ばしたりして、アニメ放映なりの尺で端から端まで到達するようになっていたみたい。
 そもそも、この2曲は1番2番の概念が無かった。歌詞カードを見ても具体的な切れ目がない。ついでに言うとOPの歌詞カードがネタすぎて凄い。2人がかりで分担して歌う場合は分かりやすくてよさそうだけど。
 別物とまでは行かないので、TV版のそれに惹かれて買っても大丈夫。
 ちなみにOPのフル版は、TV版で全く使われていないパートが1箇所だけある。ほんの10秒ほどだが、唯一電波感のない良い感じなところ・・・というかこれ、サビじゃないのか?なんで取っちゃったんだ。

キルミーのベイベー!2062
 大変ひどいアレンジ。OPアレンジ3種の中でもっともダメなものだろう。【起】の『さらにウザいやつ』は聴いていないが、絶対にそちらを下回ると思われる。曲と言うよりは「急にボケ老人になったらこんな感じです」っていうお題のコントだ。
 作り手側も曲としてはアレすぎることを理解しているためか、元より1分近く短縮された短めの作り。

 ふたりのきもちのほんとのひみつ iMS-20 for iPad Mix
 こっちは極めて普通のアレンジ。通常のEDよりも歌詞が淡々するするとしている感じで、何となく聴き心地が良い。モロ電子な音源も私的には好き。
 どうでもいいけど、一部の演奏箇所でマリオ3Dランドのリズムブロックステージを思い出す。まあありがちな音なんだけど。

ボーナストラック・CM風ショートコント「どうしてこうなった!」
 まさにCMの如き短さ。実際CMで使ってもおかしくなさそうな内容。気持ち程度のオマケ。
 でも何となく、ジャケットイラストと内容が繋がっているような気がする。これしか買ってないので判断しかねるが。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で