アニメ感想:キルミーベイベー 第3話「えすぱのろえばあめずもう」

 正直それほど面白く無いと思うんだけど、何故か下手なアニメより次週が待ち遠しい。感想らしき記事も3話連続でこうして書いている。1話と2話の感想で言った、録画してからの倍速再生も一切必要としなくなった。その内原作とか買うかもな・・・

 やっと没キャラが出てきたが、予想以上に当たり障り(というか接触)なき扱いだった。原作にいない以上、彼女が絡む箇所は必然オリジナルになるわけだが、ここまで合流する気配が無いとは思わなかった。
 つーか考えてみたら、別にボツでもないあぎりさんですら全然起用されないんだよな。とことん2人だけを砦にした作品のようだ。
 ボツさん自体は結構悪くない感じだったんで、もうちょっと直接絡んでもいいと思う。彼女が気の毒というか、1クール生き延びられるような芸風ではないので。
 でもあの言動って、前情報知らない人が見たらどう映るんだろう。正体は楽屋ネタに足突っ込んでる原作没キャラなわけだが、何か具体的な因縁を2人に対して持っているキャラだと思われてしまったりするのだろうか。

 あと1話の時も言ったと思うけど、やすなの声が良い意味でやたら気になる。今回だと知恵の輪あたりが。
 担当声優は赤﨑千夏さんという方らしいが、調べたらまだそれほど役請け負ってないんだね。わりと好きな演技だから伸びて欲しいなあ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で