アニメ感想:2011年夏アニメ

 アニメ夏シーズンが終わったので、一括で感想を書いてみる。
 対象は夏期の放映分をほぼ全話見たアニメ。秋期に続くアニメも含む。
 軽めにまとめようとして最低限言いたいことだけ書いたら所々毒々しくなっちゃったけど、別に嫌ってるわけではないです。そういうのは中途で切るし。

 BLOOD-C
 血みどろメガネっ娘萌えアニメ。能力能力しない戦いは中々新鮮。
 最近の娘は大抵なんか特殊な攻撃手段を保有してるからなあ。フラグメントとかレベル5とか悪魔召喚とか。
 初めは取り留めなく戦っているだけな印象だったが、主人公が自身の素性に疑問を感じ始めるあたりから面白さが爆発。
 でもラストの種明かしは色々ねーよって思った。劇場版オチもやや残念。

 R-15
 スケベアニメ。微塵も期待してなかったが、予想以上に突き抜けてくれたのでわりと楽しかった。
 EDは全面的に好き。曲調もアニメーションのタッチも。何気に今期一番だったかもしれん。
 自演乙選手の動員は圧倒的に不可。本人についても不憫に思う。

 アイドルマスター
 アニメ化成功例。可愛さが迸る。
 脚本は古臭いドタバタものが多く正直好かないが、キャラの扱いは丁寧。シリーズ全体で見ても広く勧められる作品かも。
 後半戦も頑張って頂きたい。

 異国迷路のクロワーゼ
 いい感じアニメ1.原作ストックが2巻しかなかったにしては超頑張った。オリジナルがほぼ無いとは予想外。
 しかしなんでこれ深夜枠なんだ?掲載誌の都合なんだろうか。

 いつか天魔の黒ウサギ
 R-15の次にエロエロしてたと思うアニメ。バトルものだがシュールギャグ的な成分が強く、テンポが良くて楽しい。

 うさぎドロップ
 いい感じアニメ2.ほのぼのしていながらもシナリオがしっかりあったので楽しめた。だいきちさんイケメンですね。
 あまり関係ないけど、原作はかなり衝撃的な締めだったようだ。2chでネタバレされて結構ぶったまげた。

 シュタインズゲート
 シナリオが一番好感触。設定もドツボで、つまらない回が一度もなかった。キョーマさんイケメンですね。18に見えないけど。
 ただひとつ我侭を言うと、助手の顔にもうちょい安定感が欲しかった。原作を知らない者としてはこれだけだ。満足。

 快盗天使ツインエンジェル
 パチスロ原作はバカアニメ率が高いようだ。だがそつがない作りでかなり見れた。特に落とし方が中々綺麗。

 神様ドォルズ
 顔芸の激しい妹が可愛い。村のしきたり系シナリオは嫌い(作中のメイン勢も嫌ってる節があるから意図通りの反応なのかも)だが、妹が可愛いので良いです。
 OP曲も好き。歌詞の内容からネタ度が高めだが、曲調がちゃんとしてるので良い。

 神様のメモ帳
 ヒロインのキャラ付けがちょっとクドい。基本文字だけの原作なら丁度いいのかも知れないが、アニメでこのレベルはちょっと。しかし序盤が終わってからは多少マシだった。
 個別エピソードでは下着メーカーの重役さんが面白かった。

 逆境無頼カイジ 破戒録編
 演出は最高。声優陣頑張りすぎ作品。終盤に差し掛かる頃のグダグダ感は結局あったが、やはり締めは熱い。
 だが台詞や展開の端折りが痛い。印象的な台詞が多すぎて、やり出したらキリが無いからしょうがないとも思うが。
 追加要素としては、石田息子の出番と心理描写を増やしたのが好感触。原作だとチンチロ編以降ぱったり出なくなり、エピローグでいきなり助かるから違和感があったが。
 3期は・・・やらないんだろうね。また福本アニメやるとしたら零が最有力だろうか。現行で一番ちゃんとしてるし。
 藤原氏の出演は少しマイナス。自演乙選手出演よりは遥かにマシだけど。

 セイクリッドセブン
 今期のバトルものでは一番面白かった。主人公の変身は最初こそ失笑したものの、次にはもう馴染んでた。
 何というか全体的に平成ライダーみたいな雰囲気だった。最終フォームとかあったし。

 ダンタリアンの書架
 序盤は猛烈に地味。GOSICKとかにお株食われ放題。しかし中盤辺りからどんどん巻き返す。あとダリアンは可愛い。

 バカとテストと召喚獣にっ!
 一期が楽しかったならそのままいける内容。相変わらずあっさりしてクドくない良いキャラ付けだ。
 今期は大雑把に分けると小休止、強化合宿、明久に対する美波の掘り下げ、雄二に対する翔子の掘り下げ、それらを統括する決戦の五段構成。正直ラストは取ってつけたような展開で色々微妙だったが、個々が面白いので不満はなし。
 アイキャッチ等のバカテストもやたら好き。

 花咲くいろは
 本分はキャラ萌えなのだろう。キャラが気に入らなかったのでいまいち。キャラに好感持てないと恋愛系は盛り上がりにくいね。

 輪るピングドラム
 女性スタッフが多いだけあってノリがそれっぽい。キャラは男女問わず好印象。
 展開はそこそこ読みやすかったが、りんごちゃんがシナリオの中枢に組まれているキャラだとは何故か全く思わなかった。

 まよチキ!
 テンプレの塊。割り切れば見れる。
 この作品だけへの感想としては少し外れるが、男装設定はISみたいにさっさと公然で化けの皮剥いだほうが無難だと思う。

 森田さんは無口
 学園の汎用シーン切り抜きアニメ。びっくりするほど特になし。
 だが見れる。新聞4コマと同じような理屈。

 ゆるゆり
 名前のまんまアニメ、しかしながら思わぬ当たりアニメ。エロとギャグが豊富で面白かった。

 ロウきゅーぶ!
 題材は新鮮でも、バスケの流れが深まると退屈になったりしたが、キャラや回し方はいい感じだったので中々見れた。
 小学男子登場によってハーレムが揺らぐ・・・かと思ったらそんなこと微塵もなかった。真帆やひなたは結局主人公にぞっこんだし、公式のキャラ紹介にすら載ってないよあいつ・・・!